アメリカ生活・旅行

アメリカで気をつけるべき5つのこと:アメリカ生活

Pocket

アメリカは、旅行、留学、ホームステイ、または駐在など様々な理由で多くの方が訪れる、世界の中心的存在の国です。そんなアメリカですが、渡米を想像した時に治安の心配などを想像するのではないでしょうか。

今回はアメリカ生活を送る筆者がアメリカで気を付けるべき治安面、また気をつけたいマナーなど5つ紹介したいと思います。

<この記事の対象者>
・アメリカで気をつけるべき注意事項を知りたい人

アメリカで夜道は一人で歩かないよう気をつけよう

これはよく聞くことかと思いますが、よほどの観光地でない限り、アメリカは車社会なので歩行者が少ないので、夜道の一人歩きはとても危険です。また観光地であっても賑やかな道から一歩道を入れば犯罪が起きやすい治安が悪い地区もたくさんあります。女性の夜の一人歩きは特に危険です。誘拐や盗難、また不審人物から話しかけられる危険性があるので夜道の一人歩きは避けましょう。


アメリカで貴重品からは目を離さないよう注意する

これも海外生活の大前提ですね。貴重品からな必ず目を離さないことです。日本だとカウンターで注文するカフェなどでは、財布は手に持つもののバッグは席に置いて離れる方が多いですよね。アメリカでそんなことをしたらバッグはなくなると思った方がいいです。トイレや急な電話で席を立つ際も同様に貴重品は持ち歩く必要があります。

では、現地のアメリカ人たちはどうしているのか?それはよく筆者も言われるのですが、荷物を見ていて欲しいと近くの席の人に頼むのです。
「Could you watch my stuff?(私の荷物を見ていてもらえますか?)」

すごく治安が悪い地域でこれをやるのはおすすめしませんが、比較的治安のよい地域であれば客層を見てお願いしてみるのもいいかと思います。(筆者は家族連れかつアジア人なので安全だろうと頻繁にお願いされるのかもしれません。)

チップはアメリカのマナーのひとつ

日本では馴染みのないチップ文化ですが、アメリカでチップを払うことはマナーのひとつでもあります。レストランやカフェ、ホテルなどサービスを受ける場所は必ずチップが必要不可欠です。サービスがよくなかったとしてもチップは1ドルでも払うのがマナーでもあります。

レストランやカフェなどではクレジットカードを利用して食事代と合計してチップを払うことができますが、ホテルに宿泊した際は枕元にチップを置いておく必要があるので、細かい現金をあらかじめ用意しておくと便利です。

アメリカでは店員さんを大声で呼ばない

日本では注文やお会計をする際に店員さんがなかなか来てくれない時は「すみません!」と大きな声で呼び止めることもあるかと思います。
アメリカでは店員さんを呼ぶ時に大きな声をだす必要はありません。そしてマナー違反となります。アメリカではチップ文化であることから、テーブルの担当が決まっています。自分のテーブル担当でない人に話しかけると「呼んでくるから待っててね」と言われるか、ひどい時は無視されます。(笑)

<店員さんに気づいて欲しい時>
・目が合ったら手をあげる
・自分の近くを通った時に声をかける

あくまで紳士的に、にこやかに対応することも食事をする側としてのマナーです。テーブルについた時に「私が担当しますよ」と自己紹介してくれるので、自分のテーブル担当の店員さんに声をかけるようにしましょう。

アメリカでは多額の現金は持ち歩かないよう注意

アメリカでは盗難など日本より治安面に気をつける必要があります。特に日本人観光客はショッピングなどで多額のお金を使い、現金を多く持っているイメージがあることから現地人よりも盗難の被害にあいやすいです。

多額の現金を持っていると万が一盗難に合った場合には全て持っていかれてしまうという最悪の事態になる可能性があります。クレジットカードであれば万が一盗難に合った場合でも電話一本で利用停止にすることができるので安心です。

アメリカでは日本よりもカード文化が進んでいるので、ちょっとしたコーヒーショップやホットドッグなどの屋台などでもクレジットカードを使うことができます。小銭のドルが増えてしまうと換金もできないので、クレジットカードでスマートに無駄なくお会計した方がお得です。

筆者は現在アメリカで生活していて生活のほとんどをクレジットカードで支払いをしています。日本のエポスカードを使用していますがvisaが使えなかったという経験は今までしていないですね。Apple payにカードを登録しているので子供が連れている時でも焦らずスムーズに会計ができますよ。

<海外でどこでも使える最強クレジットカードはこちら!>
【エポスカード】
・世界中のvisaマークがあるお店で利用することができます。
・年会費永久無料
・海外旅行保険が自動付帯しています。
・ポイントを貯めることができポイントはマルイでのショッピングや商品券、他社ポイントに移行することができます。

公式サイトはこちら➡︎エポスカード

まとめ:アメリカで気をつけるべき注意事項

アメリカで気をつけることを5つ紹介させていただきました。やはり一番心配なのは治安面ですよね。なるべく被害を最小限にするために、夜道での一人歩きを避けたり、持ち物を見直したりと自分の身は自分で守るよう心がけることが大切ですね。

他の記事でもアメリカ生活に役立つ情報を更新していますので、ぜひご参照ください。

アメリカのレンタカーおすすめ2社!安心の日本語対応 アメリカ国内で旅行をする時、観光名所をまわるにも移動手段の検討が必要です。タクシーや公共交通機関も現地ならではでいいですが、移動距離が...