TOEFL

【TOEFL対策】何から始めるべきかわからない方向けの3ステップ

Pocket

本記事はTOEFL受験を考えているものの、何から始めればいいかわからない人に向けた記事となります。

「予備校に行かないとダメ?」
「どのテキストを買えば良い?」
「英会話スクールにも行った方がいい?」

私もそうでしたが、TOEFL対策を始めたばかりの頃はこうした様々な疑問が湧いてくると思います。そうした疑問を早急に解決し、最速でTOEFL対策を進められるように本記事を執筆しました。

本記事は、筆者( TOEFL100点超え&MBA留学経験者 )が具体的にTOEFL対策をどう始めれば良いか3ステップで解説していきます。

<この記事の対象者>
・TOEFL対策をしたいが、何から勉強すればいいかわからない方

何から始める?TOEFL対策に必要な3ステップ

TOEFL対策を始めたばかりの頃は、闇雲に色々なものに手を出したくなりますが、その前にまずはじめに以下の3ステップを行うことが肝心です。

①目標スコアを決める(ゴール設定)

ご自身の目的(留学・転職など)によって目標のスコアは大きく異なります。そして目標スコアによってTOEFL対策の進め方も異なります。

まずは、ご自身に必要なスコアを確認する必要があります。具体的に行きたい学校がある方は「学校名+TOEFL+score」などのキーワードで検索してみましょう。

具体的な学校などが決まっていない場合は、一般的な目安として以下を参考にしてください。

【必要なスコアの目安】
大学留学        :60点~80点
大学院留学(MBA除く):80点~100点
大学院留学(MBA)  :90点~110点
就職・転職      :60点~

※学校や学部、企業によって全く異なりますので、あくまでも目安と捉えてください。

②模擬試験で実力をチェックする(現状認識)

目標スコアが定まったら、自分の現在の英語力を確認しましょう。

大手予備校のアゴスで無料模試(オンライン予約可能)を受けるか、TOEFLの『公式ガイドブック』を使ってセルフチェックしてみてください。

どの模擬試験が良いか、どう活用するかの詳細を知りたい方は以下の記事をご覧ください。

③目標スコア到達までの計画を立てる(ギャップ分析)

模擬試験を受けると、目標スコアと実力がどの程度乖離しているかがわかります

そして、模擬試験で80点以上のスコアを出せるような英語上級者の方は、ご自身で必要な対策を考えられると思います。

しかし、TOEFL初心者にとっては「具体的に何をしたらいいのか」が結局わからないと思います。

そこで、TOEFL初心者向けに具体的な行うべき3つの勉強を紹介します。

①単語力の強化(基礎作り)

初心者に圧倒的に多いのが単語力不足です。知らない単語は読めないし聞けません。また、単語学習は時間が掛かりますので、TOEFL対策開始と同時に始めておきましょう

世の中には数多くのTOEFL単語帳がありますが、どれを買えば良いかわからない方はとりあえず『TOEFL英単語3800』を選べば間違いないと思います。
(本書の評判については検索してみてください)

具体的な活用方法などについては以下の記事でも紹介しています。

②リスニングの訓練(インプット対策)

TOEFLの『公式ガイドブック』 に付属されている音声は本番と同じですので、こちらを繰り返し聞くのが王道です。

しかし、いきなり本番同様の音声を聞くのは、TOEFL対策を始めたばかりの方にはハードルが少し高いかもしれません。

その場合は、Amazon Audible(オーディブル)で英語の本を聞いてみるという手もあります。再生速度をゆっくりにしながら、 『ハリー・ポッター』 などの小説を英語で聞くと、英語初心者でも楽しみながら勉強を継続できるかもしれません。

Amazon Audible(オーディブル) は好みが分かれるところですが、無料体験ができますので、一度試してみる価値はあるでしょう。

Amazon Audible(オーディブル) については以下の記事でも紹介しています。

③オンライン英会話で実践経験(アウトプット対策)

「TOEFLで高スコアを獲得する」「留学で成功する」ためには、必ずアウトプット(英会話)の訓練が必要です。

しかし、多くの方が「まずはインプットしてからアウトプットしよう」「まだ私には英会話は早い」と考えて、英会話を後回しにしてしまいます(私もそうでした)。

しかし、英語が話せるようになるためには英語を話す練習をするのが一番早いです。
(TOEFLのスコアアップのためにも本当に本当に大切です)

野球のテクニック本を読むだけでは野球は上手くならないように、英語も実践することが何より大切です。

日本人のほとんどは英語が話せないので、英語が上手くないことを恥ずかしがる必要もありません

オンライン英会話では初心者向けコースも必ず用意されていますので、無料体験を行ってみましょう。(英語が全然できなくてもレッスンが成立するように作られています)

オンライン英会話は有名どころならどれも大差ないと思いますが、TOEFL初心者向けにおすすめを以下にまとめました。
(いきなり契約せず、各社の無料体験を一通り試した方が良いでしょう)

<おすすめのオンライン英会話>
ネイティブキャンプ:

コスパが圧倒的に最強。5,950円/月(レッスン回数無制限)

DMM英会話

TOEFL対策コースあり。6,480円/月(毎日1レッスン)

レアジョブ英会話

スピーキング力の測定サービスあり。5,800円/月(毎日1レッスン)

慌てて予備校・塾に入る必要はない

TOEFL対策の予備校はどこも基本的に高額です。お金に余裕がある方は良いかもしれませんが、予備校・塾選びは慎重になるべきです。

ある程度自分でTOEFL対策を進めていくと、自分自身の具体的な課題が見えてきます。そこから予備校・塾を検討してみても遅くはないでしょう。


まとめ:手順に沿って何から勉強するか考えよう

勉強していくうちに何から勉強すれば良いか再度わからなくなった場合は、本記事の3ステップを上から繰り返してみてください。

また、具体的なスケジュールを立てて取り組むことも大切です。
(早めに受験スケジュールを決めるのもオススメです)

以下の記事ではTOEFLのおすすめ電子書籍について紹介していますので、電車等の隙間時間を活用して勉強をしたい方は参考にしてみてください。

ツイッターで英語学習や留学情報、海外生活などの情報配信をしています。勉強方法のお悩み等の質問にも回答していきますのでフォローをお願いします!