TOEFL

『TOEFLテスト英単語3800』の使い方・勉強方法を徹底解説

Pocket

TOEFL初心者
TOEFL初心者
『TOEFLテスト英単語3800』って本やアプリなど色々なバージョンがあるけど、どれが良いのかよくわからないな・・・
e-study
e-study
それぞれの特徴やおすすめの勉強方法、学習時間の目安等を紹介するわね

定番中の定番と言われている『TOEFLテスト英単語3800』ですが、違法なExcelデータや音声データがネット上に出回っていたり、正規版でもアプリ版やKindle版など様々なものがあり、どれを使うのが良いか悩まれている方も多いようです。

また、「単語数が多くて覚えきれない」「難しい単語が多いけど本当に覚える必要があるのか不安」「何時間あれば覚えきれるのか目安が知りたい」といった声も多く寄せられています。

本記事ではそういった疑問にお答えしつつ、おすすめの勉強方法を紹介していきます。

<この記事の対象者>
『TOEFLテスト英単語3800』 の効果的な使い方を知りたい
・実際のところ、どの程度の単語を覚えればいいのか知りたい
・学習期間の目安を知りたい

『TOEFLテスト英単語3800』とは?

本書は、TOEFL対策本の代名詞と言える程の定番中の定番の単語帳です。重要度・レベル別に単語が分けられているため、自分のレベルや目標スコアに合わせて必要な単語を集中的に学習できるのが特徴です

また、長年ナンバーワンのTOEFL単語帳として使われており、多くの受験生が実際にこの単語帳で結果を出しているため信頼して使うことができます。

また、付属の音声CD・データが日本語・英語を交互に再生してくれるため、テキストを閉じたままでも、発音の確認(とても大事!)をしながら効率的に単語のインプットができます。

神部孝 (著) 旺文社 (2014/2/21)

どの『TOEFLテスト英単語3800』がおすすめ?

書籍版

最もアナログな方法ですが、「結局紙の方が書き込みも出来て一番使いやすい」という方も多いと思います。そこまで分厚い単語帳ではないので、持ち運びや電車内での学習でにも支障はありません。

「マーカーを引きたい」「メモをしたい」という方にはオススメです。

電子書籍版(Kindle・楽天Kobo)

個人的に一番オススメなのはKindle版です。単語学習は一度に詰め込むのではなく、時間を空けて反復することが大切です。

Kindle版であればスマホでいつでも覚えられるため、隙間時間の活用にも繋がります。

<体験談>

筆者は元々書籍版で学習をしていましたが、通勤電車内や飲食店での待ち時間を活用するために、スマホで全ページを撮影して、画像化された単語帳で勉強をする方法に変更しました。
(やや見づらかったため、後にKindle版を改めて購入)

単語は机に向かって数時間まとめて覚えるよりも、1日に複数回に分けて少しずつ覚えた方が確実に定着します。

スマホなのでやや文字が小さいという難点はありますが、Kindle等の電子書籍に抵抗がない方にはオススメです。

アプリ版

間違えたところだけ見返す機能もあり便利ですが、本や電子書籍版と違い、音声データ(日本語・英語を交互に再生)で聞きながら勉強することができないのが難点です。

筆者は暗記用としてではなく、定着度の確認テスト用としてアプリを使っていました。

無料PDF・Excel・音声データは絶対NG

ネット上に無料配布が出回っていますが、著作権違反のうえ、ウイルスが仕込まれている可能性も高いため絶対にダウンロードしないでください。

本記事を記載するにあたり、実際にそうしたサイトをクリックしてみましたが、セキュリティソフトから警告の表示が出ました。

『TOEFLテスト英単語3800』 はどこまで覚えればいい?

実際の経験をもとに、スコア別にどこまでの単語を覚える必要があるかを記載します。

TOEFLスコア0~50点レベルの方: Rank1を80%覚えよう

スコアが50点以下の方は、とにかく語彙が不足しています。まずはRank1を8割方覚えることを目指してください。

TOEFLスコア50~70点レベルの方:Rank1は100%、Rank2も80%の完成度まで

スコアが70点以下の方も語彙力不足がスコアアップの足枷になっています。スピーキングやリスニングに意識が取られる時期ですが、まずはボキャブラリービルディングに取り組むのが先決です。

TOEFLスコア70~90点レベルの方:Rank3まで80%の完成度で覚えよう

英語→日本語だけではなく、日本語→英語も即座に出てくるレベルまで仕上げましょう。それによってライティングとスピーキングのスコアが一気に伸びていきます。

TOEFLスコア90~100点レベルの方:Rank4を5割の完成度で

このレベルになると、数点を争う世界になってくるため、リスニングの一瞬の聞き逃しが致命傷になったり、 表現力の不足(スピーキング・ライティング)などが問題になってきます。

Rank4まで単語を覚えるとリーディングでも楽にミスなく解けるようになるので、地道に覚えてください。

しかし、このレベルの単語はアウトプットできる程完璧にマスターする必要はあまりないので、「見てわかるレベル」を目指しましょう

『TOEFLテスト英単語3800』 を覚えるのに必要な勉強期間の目安

学習開始時点で覚えている単語の量によって、必要な勉強時間は変わってしまいますので、目安を紹介したいと思います。

「1日英単語100個眺める」ということを毎日行うと38日で単語帳が一冊読み終えられます。当然ながら1日100個覚えきることは不可能なので、5~15回程度は反復が必要です。

仮に英単語を1つも知らなかった人が3800個全て暗記しようと思うと、「毎日100単語を眺める」のを半年程度続けることが必要です。

『TOEFLテスト英単語3800』 の難易度

ランク1は中学生レベルの単語から始まっていますが、ランク3・4はかなり難解な専門用語まで網羅されています。

全部を完璧に覚えるのは時間がかかりすぎるので、目標スコアに合わせて必要な単語を覚えましょう

<体験談>

筆者は受験生時代、「こんなマニアックな単語を覚えてもTOEFL以外で役に立つのか?」と疑問を持っていました。

しかし、実際に留学してみると、自分が使われていないだろうと思っていたような単語が頻繁に使われていたりしました。

勉強が無駄になることはないので、単語帳を信じて取り組みましょう。

『TOEFLテスト英単語3800』 の例文は覚えた方がいい?

単語の横に記載されている例文については、最初のうちは読み飛ばしてOKです。使い方も含めて完璧に理解している単語を1つ増やすよりも、何となく知っている単語を5つ覚えた方がスコアアップに効果的だからです。

80点を超えスコアの伸びが鈍化してきた段階で、例文もしっかり読み込み、単語の理解度を深めていきましょう
(例文の英語はTOEFL的な英語になっているので、非常に役立ちます)

まとめ: 『TOEFLテスト英単語3800』 で英語の基礎体力を作ろう

単語の暗記はスポーツでいう基礎体力作りです。地味で退屈な反復作業ですが、ここをサボってしまうとその後の伸びは期待できません。

一気に単語を増やすことはできないので、早めに取り組み、コツコツと継続していきましょう。

また、他の教材については以下の記事を参考にしてみてください。