TOEFL

TOEFLはビジネスレベルの英語が身に付く?

Pocket

TOEFLがビジネスでどう役に立つのか・評価されるのかを知りたいという方が多いようなので、本記事ではそうした疑問にお答えしていきます。

<この記事の対象者>
・TOEFLでビジネス英語・ビジネスレベルの英語が学べるか知りたい
・TOEFLがビジネスで評価されるか知りたい
・ビジネススクールに必要なTOEFLスコアを知りたい

TOEFLでビジネス英語は学べるか?

基本的にはビジネス英語は学べない

TOEFLはアカデミックな英語と日常会話が主なので、いわゆるビジネス英語を身に付けることを目的とはされていません。

ビジネスレベルの高度な英語力は身に付く

TOEFLは大学で専門的な講義を受けたり、ディスカッションを行う力を試す試験なので、試験対策を通じて高度な英語力が身に付きます。

大学でディスカッションができれば、ビジネスにも支障のない英語力にはなります。

ビジネス用語・表現は別途学べば良い

高い英語力があればビジネス英語は恐れるに足りません。ただビジネス用語やフレーズを覚えていけば良いだけです。

ビジネス英語に特化しているビズメイツを短期集中で受講するのもおすすめです。


TOEFLはビジネスでも評価される

就職・転職時にも有利に働く

以下の記事にも詳しく書いていますが、TOEFLスコアを評価する企業は多くあります。

TOEFLはTOEICと違って「話す・書く」というアウトプット能力の証明にもなるため、英語が使えることを示す指標として大変有効です。

社内での昇格要件にTOEFLを設定している会社もあります。

TOEFLは海外ビジネススクール(MBA)にも必須

多くのビジネススクールはTOEFLが必須

ヨーロッパではTOEFLの代わりにIELTSを入学時に要求していることも多いですが、アメリカでは原則TOEFLのスコアが求められています。

ビジネススクールで必要なスコアは最低90点

ビジネススクールもピンキリですが、日本人が行きたいと思うようなビジネススクールは最低でも90点は必要です。

トップスクールに入学するには100点が一つの足切りラインになります。
(ハーバード大学は109点が最低ライン)

まとめ:TOEFLはビジネスマンにもオススメ

TOEFLは留学するために受ける人が多いですが、留学以外のシーンでもTOEFLは役立ちます。

高スコアを目指している方は以下の記事で必要な情報をまとめていますので、是非ご覧ください。