TOEFL

【TOEFLリスニング対策】英語力ゼロの私が28点取った勉強法

Pocket

「何度聞いても英語が聞き取れない」という経験はありませんか?

筆者は散々この辛い経験を経て、リスニングパートでのスコアが28点まで上がりました。(初受験の時のリスニングスコアが14点だったので、ちょうどスコアを2倍です)

そんな筆者が効率的にスコアアップをするための勉強方法を紹介したいと思います。

<この記事の対象者>
・短期間でリスニングスコアを上げたい方
・リスニングの勉強方法がよくわからない方

TOEFLリスニング対策・おすすめの勉強法

①語彙を増やす

語彙が不足しているとリスニングでは致命傷になります。

キーワードとなる単語を知らなければ、その会話の中身が全く理解できなくなってしまいます。リーディングのように読み返すことも、前後の文章から推測することもできません

語彙不足で失点するのは本当にもったいないので、TOEFLで頻出する単語を確実にインプットしておく必要があります。

TOEFL対策の定番の単語帳『TOEFLテスト英単語3800』のについては以下の記事で解説しています。

②背景知識を増やす

「知っている単語ばかりなのに中身がよく理解できない」という方はTOEFLの背景知識不足の可能性が高いです。

公式ガイドと問題集で10回分以上の過去問をやり込めばある程度の知識は付いてきますが、まとめて短期間で背景知識を詰め込んでしまいたい方にはビジュアル英単語がおすすめです。

TOEFLの教養・背景知識が網羅されており、かつ図や写真を多用していて視覚的に理解できるのように作られています。集中的に背景知識を覚えてしまいたい方は是非試してみてください。

単語を覚えるというよりはあくまでも背景知識を理解する目的で使用するのが良いでしょう。

③基礎文法を学ぶ

単語力も背景知識もあるのにリスニングで音声が理解できない方は、文法の勉強をし直すのが効果的かもしれません。

リスニングでは単純な文法が理解できればいいため、『中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく。』に載っている中学レベルの文法がわかれば十分です。

本書ではTOEFL攻略に必要最小限の内容になっていますので、文法に不安がある方は確認してみてください。

④発音の仕組みを理解する

「スクリプトを見ると知っている単語ばかりなのに聞き取れない」という方は、一つひとつの音声を聞き取れていないか、リンキングを理解していない可能性が高いです。

「FとH、BとVを区別できない」「Thを発音できない」といった方は、まず英語の音を理解する必要があります。

英語耳 発音ができるとリスニングができる』というベストセラーの本では英語の全ての音を一つずつ学ぶことができます。

本書では「自分で発音できる音は聞き取れる」という考えのもと、まず全ての音を実際に自分で発声できるようになるトレーニング本となっています。

詳しい練習方法は本書に記載されていますが、トレーニング自体はかなり地味で退屈です。しかし、我慢して繰り返せば確実に効果がありますので是非試してみてください。

⑤リンキングを理解する

リスニングの最大の難関はリンキングです。リンキングとは音と音が繋がって別の音になることで、身近な例だと「Thank you」が「サンク ユー」ではなく「サンキュー」と聞こえるのもこのリンキングによるものです。

これを理解するためには同じ音声をシャドーイングやディクテーションができるようになるまで繰り返し行うことです。

使用する音声は必ず公式ガイド公式問題集を使用しましょう。本番と同じ音声を聞くことが試験対策としては効率的です。

⑥海外ドラマ・映画を繰り返し見る

リスニング力を高めるのに有効とされているのが「海外ドラマを見まくる」ことです。TOEFL対策としては少し遠回りですが、生の英語を聞くことで実際に海外に行った時にとても役立ちます。

ドラマ・映画を観るのが趣味の方は息抜きがてら観るのもオススメです。

⑦実戦練習を繰り返す

英語の実力を高めるためには生の英語を聞くのも大切です。実践機会を作るために最もコストパフォーマンスが高いのはオンライン英会話です。

1日1コマでもいいのでレッスンを継続して受ければ、リスニング力向上にも高い効果があります。

回数無制限で24時間利用できるネイティブキャンプを利用して、短期集中で取り組むのもオススメです(1日10コマ20コマ受けても料金は 月額5,950円という破格です)

⑧TOEIC対策からやり直してみる

「上記の方法を試してもTOEFLスコアが伸びない」「上記の方法が続けられない」という方は、少しレベルを下げてTOEIC対策から始めてみてもいいかもしれません。

TOEFLは留学生向けのため、音声も早く語彙のレベルも高いため、基礎がない方にとっては勉強を行うこと自体が困難です。

その点TOEICは英語初心者まで受験する試験のため、かなり基礎的な内容から始められます。

リクナビなどで有名なリクルートが運営している【スタディサプリ ENGLISH】では、スマホで学習を進めることができますし、 スタディサプリENGLISH パーソナルコーチプランという個人指導のコースも提供されています。

無料体験もあるので試しにダウンロードしてみると良いと思います。


まとめ:TOEFLリスニング対策は

リスニングは短期間で効果を実感しにくいため、モチベーションの維持が難しいです。しかし、オンライン英会話などで実践の機会があれば、徐々に自分の英語力が高まっているのを感じられるはずです。

それを糧に勉強を継続し、TOEFLから一日も早く卒業できるように頑張りましょう。