TOEFL

中国サイトでTOEFLの過去問を分析しよう

Pocket

TOEFLは常にアップデートされていくので、最新の問題傾向を把握するためには最新の試験を受けなければいけません。

しかし、そんな時間もお金もないという方はで中国のサイト最新情報をチェックするのがおすすめです。

試験の数日後には最新の問題がアップされていますので、問題傾向を知ることができますし、ものによってはサンプルアンサーも添えられています。

本記事では具体的なサイトと見方を紹介します。

法的にグレーゾーンな気はしますが、昔から大規模に堂々と運営されているサイトなので、適正なプロセスを踏んでいるはずだと信じています。
(中国の法律・TOEFL運営ルールは正直よくわかりませんが…)

<この記事の対象者>
・中国サイトでTOEFL対策をしたい方

TOEFLの過去問を中国サイトで見る方法

具体的なページと見方を紹介していきます。

Writingの過去問を見る方法

以下のアドレスからWritingの過去問にアクセスできます。
http://51pigai.com/tofel-essay

10年分の過去問があり、Integrate Task(综合写作)とIndependent Task(独立写作)を選択して見ていくことも可能です。

また、「テーマ(话题分类)」別に対象の過去問を調べることも可能です。

Speakingの過去問を見る方法

Speakingの過去問は以下のアドレスからアクセスできます。
http://51pigai.com/tofel-speak

Writingと見方はほぼ同じですが、「写作类型」からTask別に過去問を抽出することが可能です。


まとめ:中国サイトで過去問演習を繰り返そう

中国のサイトというと正直怪しい感じがしますよね。筆者も最初は警戒していましたが、特に問題になったことはありません。

過去に遡って過去問を見てみると出題傾向が見えてきます。それを踏まえて問題演習を繰り返すことで、効率的に高得点を狙うことができます。

Speaking・Writingに関してはアウトプットの練習とフィードバックを貰う機会も重要なので、オンライン英会話と組み合わせて取り組むとより効果的です。