アメリカ生活・旅行

アメリカ旅行で現金はどれくらい必要?クレジットカードとの併用方法

Pocket

アメリカはカード社会なので、少額のちょっとしたものでもクレジットカードを利用することができます。とはいえ、全く現金を持っていかないのは不安ですよね。また現金ならどこでも支払いはできますが、多額の持ち歩きは危険なので避けたいところです。

アメリカ旅行に行く場合、
現金とクレジットカードどちらがいいのか
どんな時に現金が必要となるのか
現金はどれくらい必要なのか
アメリカ中の都市を旅行した筆者がアメリカ旅行でのお金事情について紹介したいと思います。クレジットカードと現金をうまく組み合わせて無駄のない旅行にしましょう。

<この記事の対象者>
・アメリカ旅行で現金とクレジットカードの利用どちらがいいか知りたい人
・アメリカでどんな時に現金が必要になるか知りたい人
・アメリカ旅行で現金をどのくらい必要か知りたい人

アメリカ旅行は現金とクレジットカードどちらがいいのか

日本は現金文化なので全ての支払いをカードでするのは馴染みがなくイメージがしにくいと思います。まずはアメリカ旅行で現金とクレジットカードを利用する際のメリット、デメリットを紹介します。

現金を利用する場合のメリット、デメリット

<アメリカで現金を利用する場合>
〜メリット〜
・どこでも支払いが可能
・チップの受け渡しができる

〜デメリット〜
・チップの持ち合わせが無い時がある、また計算が面倒
・急な出費に対応ができない
・紛失、盗難に対応ができない
・旅行後、余った小銭は換金できない

クレジットカードの使えない屋台など小規模のお店でもどこでも現金は利用できます。またアメリカのホテルに宿泊する際は必ず枕元にチップを置くのが必要です。そんな時は少額の現金が必要になります。

一方で日本人の海外での被害件数が最も多いのは盗難や紛失などスリや置き引きの被害にあうことが多いです。そんな時に現金を全て持っていかれると手元には100%返ってこないので、楽しい旅行が台無しですね。

クレジットカードを利用する場合のメリット、デメリット

<アメリカでクレジットカードを利用する場合>
〜メリット〜
・現金を高額持ち歩かなくてもよい
・盗難・紛失時に補償される場合がある
・海外旅行保険が付帯されているものが多い
・ATMで現地通貨を引き出しができる
・チップの支払いが可能
・ポイントが貯まる

〜デメリット〜
・屋台など小規模のお店など使えない場所がある
・ホテルなどでサービスを受けた時にチップ受け渡しなどには対応できない(枕元に置くチップ含め)

クレジットカードをアメリカで使う際の最も大きいメリットは、万が一盗難などのトラブルにあった際も補償を受けることができる点でしょう。また最近のクレジットカードには海外旅行損害保険が付帯されていたり、現地のATMで現地通貨を引き出すことができるサービスがついているので急なトラブル時も対応が可能です。

デメリットを見ても、アメリカで旅行するなら現金は少額の持ち歩きでいいことがわかります。


クレジットカードが使えない!?アメリカで現金が必要になる時はどんな時?どれくらい必要?

どんな時にアメリカでどのくらい現金が必要になるのか紹介します。

<現金が必要になるシーン>
・ホテル宿泊時の部屋の清掃をしてくれるメイドさんへのチップ
 →て1~5ドルのチップ、毎日支払うことがマナー

・ドアマン、ベルボーイなどからサービスを受けた時
 →1~2ドル(大きな荷物は一つにつき5ドルくらい)

・ルームサービスのウエイター
 →1~2ドル

・ホットドックなどの小規模の屋台
 →購入金額により変動

上記の支払いの場合は必ず現金が必要になります。ほとんどの支払いをカードで済ませたい方は多くとも現金は100ドル(1万円弱)あれば十分と言えるでしょう。

現金を用意する場合は上記のような少額の受け渡しが多いので、20ドル以下のお札で用意するのが望ましいです。

アメリカで現金が足りなくなってしまった!クレジットカードで海外のATMは使える?

現金が必要になった時に持ち合わせがもう無くなってしまった、ということがあるかもしれません。そんな時は海外のATMで現地通貨を引き出しできるクレジットカードを持っていれば大丈夫です。

引き出し方法はとっても簡単で、日本のものと操作は変わらないです。ただし、クレジットカードのブランドのマークがあるものかATM端末をよく確認しましょう。

・VISAカード:VISA、PLUSマークのあるATMが対応
・JCBカード:JCB、CirrusマークのあるATMが対応
・MasterCard:MasterCard、CirrusマークのあるATMが対応

こちらの記事で海外のATMで現地通貨を引き出しできるクレジットカード、プリペイド式カードをご紹介しています。プリペイド式カードなら自分で使いたい金額をチャージして使えるので、使いすぎることもなく海外でも安心して利用できるのでおすすめですよ。

アメリカで使えるおすすめクレジットカード|アメリカ生活・旅行 アメリカはカード社会です。ショッピングモールはもちろん、飲食店やタクシー、ホットドッグなどの屋台でももちろんカード決済がサイン一つで可...

まとめ:アメリカ旅行はクレジットカードと現金を上手に組み合わせよう

筆者はアメリカで生活をしていましたが、ほとんど現金を必要としませんでした。ただし旅行に出かけた際などは先述したように現金が少額必要になることもあります。

個人的にはアメリカで流通しているお札やコインは日本に比べて汚いものがかなり多いので、あまり触りたくないなというのが正直なところです。笑

筆者がおすすめするのはクレジットカードの異なるブランド2枚と、すぐに引き落としがされるプリペイドカード1枚のどちらも用意し、現金は少額を用意することです。高額なものはクレジットカードで、と私はいつもカードの使いわけをしています。

クレジットカードと現金の利用をうまく組み合わせて、安心安全なアメリカ旅行にしてくださいね。

アメリカでクレジットカードが使えない!?5つの理由と対処法を紹介 アメリカはカード社会なので飲食店など至るところでカードで支払いを済ませることができ、クレジットカードはアメリカ旅行の必須アイテムです。...