TOEFL

TOEFLで必要な語彙数・語彙力は?語彙問題の解き方も解説

Pocket

本記事では、TOEFLで必要となる語彙力やReading問題で出題される語彙問題の解き方について解説していきます。

<この記事の対象者>
・TOEFLで必要な語彙レベルを確認したい
・Readingの語彙問題の解き方を知りたい

語彙力の重要性

TOEFLで必要となる語彙数は8,000~10,000程度?

一般的には8,000~10,000程度がTOEFLでは必要だと言われていますが、そもそも現時点で自分が何語知っているのかを知る方法もないので、この数にはあまり意味がないとは思います。

『TOEFLテスト英単語3800』に点数別に必要な単語が載っているので、そちらを目安に行うのが良いでしょう。

Reading&Listeningでは高い語彙レベルが要求される

Readingの語彙問題(後述)のように直接的に語彙力が試される問題は多くないですが、語彙力が不足していると内容が全くわからないということになります。

専門用語も含めてしっかりと語彙力強化をしていくことが必須です。

語彙問題の取り組み方

リーディングの語彙問題は知らなければ解けない問題がほとんどです。

前後関係や文脈からの予想を試みても正答率が高まることは期待できませんので、知らない単語だった場合は時間を掛けずに先に進んでいく方が良いでしょう。

Speaking&Writingではそこまでの語彙は必要ない

特にSpeakingでは平易な単語を使ってわかりやすく話せる方が評価されます。無理に難しい単語を使ってunnaturalな表現になってしまっては本末転倒です。

Writingに関しては語彙が少ないと機械採点で点数が伸びにくくなりますので、Speakingに比べると高度な語彙が必要になります。

しかし、Writingのパターンはある程度限られているので、トータルで見ると必要な語彙はそれほど多くありません。

TOEFL完全攻略 勉強法マップ: 初級者から上級者まで 独学・留学無しで100点越えをする方法

[古田 能農]のTOEFL完全攻略 勉強法マップ: 初級者から上級者まで 独学・留学無しで100点越えをする方法

必要な語彙力について紹介してきましたが、TOEFL対策全般として必要な勉強時間については本書でまとめられているのでおすすめです。
2019年の試験改定にも対応されている最新版です)

Kindle Unlimitedで無料で読めますので、気になる部分だけ確認してみてはいかがでしょうか。


TOEFLの語彙力強化には定番の『TOEFLテスト英単語3800』

本書では難易度別に単語が分類されていますので、目標スコアに応じて単語学習が可能です。

ほぼ全ての受験生が使っていますので、まだ取り組んでいない方は本書で語彙強化を行いましょう。

まとめ:語彙力が増えるとTOEFLがとても楽になる

単語学習は退屈ですが、語彙力がアップすると全セクションで好影響がありますので、コツコツ取り組みましょう。