TOEFL

オンライン英会話が続かない方は必見:英会話スクールの選び方

Pocket

スピーキング力向上に向けて、オンライン英会話をおススメしていますが、「オンライン英会話だとついついサボってしまい継続できない」「過去にオンライン英会話で挫折した」 といった方もいると思います。

そういった方には店舗型の英会話スクールを一度試してみるのオススメします。ほとんどのスクールが無料体験レッスンを提供しているので、一度試してみる価値はあります。

本記事では、店舗型の英会話スクールのメリット・デメリット注意点向いている人について解説していきます。

<この記事の対象者>
・オンライン英会話の継続が難しい方・挫折経験がある方
・対面で直接英会話を教わりたい方

TOEFL対策としてオンライン英会話がどう役立つのかについては以下の記事をご覧ください。

オンライン英会話が続かない理由なら英会話スクール(店舗型)が向いているかも

店舗型の英会話スクールがおすすめな人

以下のような方は店舗型の英会話スクールを試してみるのをおすすめします。

<店舗型がオススメな方>
・オンライン英会話だとサボってしまう方
・自宅ではオンライン英会話をやる環境が作れない方
・実際に会って話すのが楽しいと思う方
・細かいサポートを受けたい方
・外国人と直接話した経験が少ない方

英会話スクール(店舗型)のメリット

高い学費を払っている分、真剣度が増して学習効率が高まる

オンライン英会話と比べて高額な授業料を支払うため、「これだけ払ったからにはサボれない」と真剣に学習に取り組める効果があります。

ダイエットで有名なライザップが高い効果を出している理由の一つでもあります。

「ネイティブと対面で話す」という行為に慣れる

いくら英語力が上がっても、いざ外国人を目の前にすると緊張してしまって上手く話せないという方がよくいます。

「外国人と話す」という行為自体に慣れておくことが、使える英語力を身に付けるためにはとても大切です。

よりきめ細かいサポートを受けられる

一般的にオンライン英会話よりもサポート体制は充実しています。自分のオリジナルのカリキュラムを作って貰えるなど細かいリクエストにも応えてくれます。

対面なので話しやすい

やはり画面越しの相手よりも直接会った方がコミュニケーションは取りやすいです。相手の表情や口の動きもよりハッキリ見えますし、言葉が出ない時にジェスチャーも使ったコミュニケーションが可能です。

英語力に自信がない方は対面でしっかりとフォローして貰うのも一つの手段です。

英会話スクール(店舗型)の デメリット

値段が高い

最大のデメリットです。値段が高いので、お金に余裕のある方でないとそもそも難しいでしょう。

通うための時間が必要

家でできるオンライン英会話と比べると、通うための移動時間が発生します。

なるべく自宅や会社の近くのスクールを選ぶ、移動時間はリスニングの練習をするなどして時間を有効活用しましょう。

時間が制限される

出張先や夜中にレッスンを受けるといったことが難しいため、結果的にはレッスンを受けられる回数がオンライン英会話よりは少なくなってしまいます。

一回の質を高めるため、きちんと予習・復習をすることが大切です。

TOEFL対策で英会話スクール(店舗型)を選ぶ際のポイント・注意点

英会話スクールはたくさんありますが、TOEFLのスコアアップを目的にして通う人は多くないため、情報も少なく、何を基準に選べば良いか迷う方も多いと思います。

TOEFL対策として英会話スクールを選ぶ際は以下のポイントを踏まえて検討してみてください。

レッスン期間は短めが良い

スクールによっては半年や一年の長いコースが設定されている場合があります。英語力を伸ばす目的の場合は長期間継続して取り組むのも良いと思いますが、TOEFLは比較的短期間で受験が終わります。

一年間のレッスンを申し込んでしまい、3か月後にTOEFLの目標スコアに到達した場合、残りの9か月のレッスンが必要なくなってしまいます。

目標スコアにいつ到達できるかは読みにくい部分がありますが、なるべく短い単位での受講をオススメします。

TOEFL専用コースにこだわる必要はない

TOEFL対策用コースを提供している英会話スクールも増えてきていますが、必ずしもそうした専用コースの英会話スクールである必要もありません。

なぜなら、TOEFL対策として英会話スクールを利用する場合、教材は不要ですし、講師に期待することは「適切にフィードバックを行える」ことだけです。ネイティブスピーカーでさえあれば、TOEFLの前提知識はなくても全く問題ありません

ほとんどのスクールではこちらの要望に合わせてTOEFL対策を行ってくれますが、事前にそうした対応を行ってくれるのかについては念のため確認しておきましょう。

講師はなるべくアメリカ人を選ぶべき

英語は世界中で話されていますが、TOEFLはアメリカ英語で構成されています。

発音、イントネーションや表現など全てアメリカ英語ですし、採点するのもアメリカ人であることを踏まえると、アメリカ人講師からアメリカ英語を学ぶのが近道です。


まとめ:オンライン英会話が続かないなら違う方法を考えよう

人には向き不向きがありますし、それぞれ事情がありますので、オンライン英会話が続かないというのは決して恥ずかしいことではありません。

しかし、オンライン英会話で挫折し英語学習自体をやめてしまうのはもったいないです。オンライン英会話は英語学習の一つの手段に過ぎませんので、合わないと思ったら別のやり方を模索しましょう。

本記事ではその一つの手段として店舗型の英会話スクールについて紹介をしてきました。具体的におすすめの英会話スクールについては、以下の記事で詳しく紹介していますので、是非ご覧ください。